【会話の内容は関係ない?】初対面でモテる人が実践してる第一印象を良くする方法

「初対面の人と話すのって、なんとなく苦手だな〜。第一印象って大切って言われるから、緊張して上手く話せないんだよな〜。

どうすれば仲良く話せるかな?モテる人がやってる、第一印象を良くする方法とか知りたいな〜。」

そんな質問にお答えします。

✔️本記事の内容

  • 【結論】初対面で会話の内容は、ほぼ関係ない
  • 【解説】第一印象を良くする簡単な3つのポイント
  • 【実践】初対面でも失敗しない最初にする会話の切り口(具体例あり)

最初に言いますが、初対面で話す時は誰でも緊張します。ですが、ポイントさえ抑える事ができれば、みんな緊張している分、第一印象からリードする事ができます。

僕も高校の時はほぼ男子校だったので、初対面で女の子と話す時は特に緊張していました。

でも大学のサークルに入った時は、周りの同性から嫉妬されるくらい、一瞬でみんなと打ち解ける事ができました。笑

今回は実際にどうやって、僕が初対面で緊張する事なく、周りと一瞬で打ち解ける事ができたのかを解説していきます。

(前提として、ここでいう初対面の相手は大学の同級生や仕事の同僚、合コンなど、比較的タメ口で話しても大丈夫な人たちに対しての方法になります。)

1. 【結論】初対面で会話の内容は、ほぼ関係ない

①第一印象は2秒で決まる

第一印象が決まる要素は、実はその人の見た目(視覚)と、声のトーンや話し方(聴覚)で9割を占めています。

そして、残りの1割が会話(使う言葉など)になります。

これは心理学の分野で有名な、「メラビアンの法則」と言われており、科学的に証明されている事実です。

なので実際のところ、ほとんどの人は第一印象を会話の内容ではなく、その人の見た目と話し方で、反射条件的に決めているのです。

②一度持った印象はなかなか変えられない

なぜなら、見た目や話し方は、今まで自分が蓄積してきた事が積み重なってできたものになるので、なかなか変える事ができないからです。

わかりやすく言えば、それが習慣化されてクセになってしまっているのです。

会話の内容はそれぞれ違うかもしれませんが、これが現実です。笑

③日頃から見た目や話し方に気を配ること

残念ながら上記の理由から、見た目や話し方をすぐに変化させることはできません。

しかし、日常の生活の中でポイントを絞って変化をつけていく事で、モテる人のように、誰でもいい第一印象を勝ち取ることができるようになります。

次はそのポイントを3つに分けて解説していきますので、来るべき時に備えて日頃から見た目と話し方を磨いていきましょう!

2. 【解説】第一印象を良くする簡単な3つのポイント

①見た目には「笑顔」を意識すること

まず最初は、第一印象を決める要素の約半分を占めている、見た目を意識しましょう。正直ここが変わるだけでも、相手からの第一印象はかなり大きく変わります。

最も効果があり、かつ誰でも見た目の印象がガラリと変わる1つ目のポイント。それは「笑顔」です。

人は鏡で見ない限り、自分の顔が見えていません。すると知らず知らずの間に、普段の顔が「笑顔」とは程遠いものとなっている事が多いです。笑

ですがあなたの周りにいるモテる人は、常に「笑顔」になっていませんか?

笑顔はポジティブな空気を作り出す

「笑顔」には自分をポジティブな思考にする効果があり、同時に周りの人も巻き込んで明るい雰囲気を作り出す事ができます。

それが人を惹きつける、大きなパワーになるのです。なので初対面で与える「笑顔」は、第一印象を飛躍的に良くします。

朝起きて伸びをする時、学校や仕事の行き帰り、誰かと会話する時、まずは「笑顔」になってみましょう。

②話し方には「謙虚」を意識すること

次は第一印象を決める要素の約4割を占めている、話し方を意識しましょう。ここができれば、先の「笑顔」と組み合わせて、相手の第一印象はかなり良くなります。

結論から言いますと、2つ目のポイントは「謙虚」です。

「謙虚」とは、素直に相手の意思や考えを尊重し、行動や言動をわきまえているという意味です。

謙虚になる事で人間関係そのものが良くなる

モテる人は初対面に限らず、誰かと会話をする時、必ず「謙虚」になっています。

「謙虚」になると、その人は必然的に低姿勢になります。それが相手から見ると、自分の存在を尊重してくれていると感じるようになります。

これは初対面においても、声のトーンや実際の話し方などから、はっきりと伝わってきます。

また「謙虚」になれば同時に、自分の成長などを妨げる”変なプライド”からも、解放されるようになります。笑

逆に人を押し上げる事に繋がるので、それにより周りの人からの支持や支援も得られやすくなります。

誰かと話をする時は、必ず「謙虚」になりましょう。

③会話の内容は「共通点」を意識すること

さて、「笑顔」と「謙虚」を意識する事ができれば、第一印象を決める要素の9割以上は勝ち取れている状況になりますので、既にあなたは初対面で会うほとんどの人からモテていると思います。笑

でも、いざ会話をするとなると、なかなか話を深掘りできなかったりしますよね?

そんな方の為に、最後は応用としてモテる人が初対面で意識している、会話の内容です。

これも結論からいうと、「共通点」を意識する事です。

人は共通点があると親近感を感じる

最初の会話で、その人と親近感を感じるか感じないかで、その後の発展に大きな差ができます。

なので初対面の会話では、どこか「共通点」がないか探す事を意識して会話してみましょう。

年齢や出身地、趣味、中高の部活、大学生であればサークルなど、どんな簡単なことでも大丈夫です。見つけたらそれを深掘りしていく。

そうすれば、自然とお互いが知っている内容にもなるので、会話が途切れるなんて言った心配もしなくて大丈夫です。

また「共通点」は多い方が、より親近感を感じますので、3つか4つ程度あればベストです。

3. 【実践】初対面でも失敗しない最初にする会話の切り口(具体例あり)

最初の第一声って、なかなか緊張しますよね。僕でも緊張します。

でも第一印象を良くしつつ、上手くいく会話の切り口には、ある共通点があります。

その時の「状況」を利用する

これは具体例をみたら、わかりやすいと思います。

  • 「今日は暑いですね〜」→天気、季節を利用する
  • 「もうすぐ休憩ですね〜」→イベントを利用する
  • 「何か手伝える事あります?」→助けを利用する

このように、その時々の「状況」を利用した切り口は簡単で、相手も相槌を打ちやすく返答を返しやすいです。

さらに、相手からの共感や信頼を得やすく、先の「笑顔」と「謙虚」と組み合わせる事ができれば、第一印象もとても良く見えるメリットにも繋がります。

相手からの視点を考えた切り口

会話をする時は、「謙虚」である事と同時に”相手の視点に立つ”ことが大切になってきます。

しかし初対面では、まだ相手の事を知らない状態にあります。なのでそもそも、”相手の視点に立つ”という事が難しいです。

ですが状況を利用する事ができれば、自分と思っている事と同じような返事が返って来やすく、共感や信頼を得て、それを糧に次の会話へと簡単に繋げる事ができるようになります。

まさにモテる人が使う、万能の切り口と言えるので、ぜひ実践してみてください。

まとめ

では、今回の記事のポイントをまとめます。

  • 初対面で会話の内容は、第一印象にほぼ関係ない
  • 第一印象を良くするポイントは3つ
    • 見た目を良くするには「笑顔」を意識すること
    • 話し方を良くするには「謙虚」を意識すること
    • 会話の内容は「共通点」を意識すること
  • 最初にする会話の切り口は、その時の「状況」を利用する

冒頭でもお話ししたように、初対面で第一印象を勝ち取るということは、周りも緊張している中で、素早く一歩リードする事になります。

なので今日からスマホのホーム画面には、「笑顔」、「謙虚」、「共通点」、そして「会話の切り口は状況を利用」と書いた壁紙にして、忘れないようにしましょう。(すぐ忘れちゃうので。笑)

以上です!